相模原の葬儀選びに失敗してしまったパターン

相模原で葬儀をさがす際に選び方に失敗してしまうこともあります。葬儀会社はとても数が多く、同じ地域でもたくさんの中から選ぶことができます。また葬儀自体があまりうれしいものでもないですし、準備などなかなか行えずゆっくり選ぶこともできません。一番多い失敗は、病院などからの紹介斡旋をうけて頼む場合です。急な訃報によく考えずにお任せパックなどにしてしまうと、実際に来る訪問客は少ないのに不必要な金額を払うことになったり、本人は家族葬でもよかったなど遺言が残っていることもままあります。そこで、失敗しない葬儀社を選ぶポイントを紹介していきます。まず、葬儀は人数によって大きなものになるか、小さなものになるかで変わっていきます。まずはどのくらいの訪問客がくるのか、想像してみることから始めていきます。

葬儀の選び方の実態とポイントとは

訪問客の数によって値段が違うと言いましたが、葬儀にきてくれる人は訃報をうけ、実際に相模原の葬儀場にくるまで、実際の数は分からないことがほとんどです。家族ですべて行う場合には違いますが、故人の友人や会社関係の人にも知らせる場合にはどのくらいくるかなど、検討もつきません。結婚式などでは主催者が招待をして行うものなので、料理や引き出物なども準備ができます。しかし、葬儀の場合、特にお通夜のお返しなどは、渡した分だけのお会計になるのです。ここでポイントはお通夜ではなく、葬式についてですが、大体が火葬場まで一緒に行き食事をして別れを惜しみます。この接待費がどのくらいかかるかがポイントにもなってきます。接待費がどのくらいかかるかわからないのでここが予算的に多くなったり少なくなることもあると覚えておきましょう。

葬儀の予算は地域によっても変わる

接待費がどのくらいかかるのか分からない予算ですが、他に葬儀場のレンタル代や火葬代、他にお寺さんに払う謝礼があります。これらの費用のほとんどが、葬儀場の中身に含まれるものとして変わりますが、大体の相場があります。全国では葬儀の総額が200万くらいで、関東では180万くらいで相模原ともあまり変わりません。地域によっては250万から300万ほどかけるところもありますが、家族葬を行うとまた相場も変わってきます。家族葬になると、接待費も人数がわかりますので、予算も立てやすくまた日取りも自分たちに合わせて平日に行えるなど利点もあります。自分たちにあう葬儀の選び方は、予算相場を知りどのくらいの内容を行いたいのか、話し合うことも必要になります。安くすることだけが一番ではありませんが、最適な葬儀を行いましょう。